キャッシング・消費者金融の総合情報サイト

キャッシング比較サイト。低金利・即日審査・即日融資・安心の優良キャッシングを比較紹介しています。キャッシングランキングも好評

キャッシングのQ&A

 Q. キャッシングって何ですか?
 Q. オンラインキャッシングって何ですか?
 Q. 金利は高いですか?
 Q. 申し込みをするときに必要なものは何ですか?
 Q. 申し込みをするときの勤務先への在籍確認はどのように行われますか?
 Q. 他の消費者金融を利用しているのですが大丈夫ですか?
 Q. アルバイト・パートですが利用できますか?
 Q. 派遣社員ですが利用できますか?
 Q. 学生ですが利用できますか?
 Q. 未成年ですが利用できますか?
 Q. 主婦ですが利用できますか?
 Q. 勤続年数や年収などの制限はありますか?
 Q. 法人として申し込みはできますか?
 Q. 入会金は必要ですか?
 Q. 担保や保証金は必要ですか?
 Q. いくらまで借りることができますか?
 Q. 信用情報機関とは何ですか?
 Q. 貸金業登録番号とは何ですか?

 



キャッシングって何ですか?

 キャッシングとは、クレジットカードやキャッシュカードに付帯している
無担保の小口融資のことを言います。
基本的には、無担保が原則で利用者の信用力により、与信額が決定され、
その範囲内で融資を受けることができます。

一般的には、本人確認の後、スピーディーな審査が行われ、振込みなど方法により融資が行われます。

以前は店頭審査のみのところが多かったですが、無人申し込み機の登場を初めに、
インターネット、携帯電話などでの借り入れの申し込みが可能なサービスが増えてきました。
オンラインキャッシング、インターネットキャッシングなどと呼ばれています。
店頭での申し込みと違って、対面で顔を合わせることがないのが特徴ですが、
審査内容は同じになっています。
非常に手軽で便利なサービスではありますが、返済までの計画をたて、
無理のない範囲でのサービスの利用が重要です。


オンラインキャッシングって何ですか?

キャッシングサービスの中でも、特にインターネットのみで申し込み、
審査を受けることのできるサービスを言います。最近特に増えてきて、
各社が力を入れているサービスの一つです。

金利は高いですか?

キャッシングの利息の最高は、29.2%と法律で定められています。
遅延利息も同様です。これ以上の利息は法律で禁止されています。
又、各社によって異なりますが、一般的に目的の決まった
目的ローンの金利は安く抑えられていますし、最近では10%を切る低金利のプランも出てきています。
利息は日数計算になっていて、短い期間借りればそれだけ利息も少ないので、一概に高いとは言えません。

申し込みをするときに必要なものは何ですか?

本人名義の運転免許証もしくは健康保険証の裏表のコピーが必要です。
インターネットでの申し込みの際には、それらを郵送することになります。
収入証明が必要な場合もあります。

申し込みをするときの勤務先への在籍確認はどのように行われますか?

各社の担当者より、在籍確認が行われます。
一般的には担当者の個人名によって、勤務先へ電話連絡が行われ、
「佐藤ですが、○○さんはいらっしゃいますか?」
のように問い合わせがあります。
本人に代わるかもしくは、
「現在外出中です」
などのように、存在が確認されれば、それで終了します。
一般的には、消費者金融業の名称は使われません。

他の消費者金融を利用しているのですが大丈夫ですか?

申し込みは可能です。しかし、審査にとおるかどうかは各社・各サービスによって違い、
それぞれでの確認が必要ですが、5件以上の借り入れがあると難しいことが多いようです。

アルバイト・パートですが利用できますか?

申し込み資格は、各社・各サービスによって違い、それぞれでの確認が必要ですが、
20歳以上で毎月定期的な収入があれば、申し込みのできる金融機関が増えてきています。

派遣社員ですが利用できますか?

申し込み資格は、各社・各サービスによって違い、それぞれでの確認が必要ですが、
20歳以上で毎月定期的な収入があれば、申し込みのできる金融機関が増えてきています。

学生ですが利用できますか?

申し込み資格は、各社・各サービスによって違い、それぞれでの確認が必要ですが、
キャッシングは安定した収入と一定期間以上の勤務実績が必要なところが多いです。
しかし、20歳以上で毎月定期的な収入があれば、申し込みのできる金融機関が増えてきています。

未成年ですが利用できますか?

一般的には非常に難しいですが、申し込みが可能なサービスもあります。

主婦ですが利用できますか?

申し込み資格は、各社・各サービスによって違い、それぞれでの確認が必要ですが、
キャッシングは安定した収入と一定期間以上の勤務実績が必要なところが多いです。
しかし、20歳以上で毎月定期的な収入があれば、申し込みのできる金融機関が増えてきています。
主婦として収入がなくても、既婚者であれば夫の名義で夫に知られることなく申し込みができる、
奥様ローンというサービスも一部あります。

勤続年数や年収などの制限はありますか?

各社、各サービスによって基準がそれぞれです。各自確認する必要があります。

法人として申し込みはできますか?

一般のキャッシングは個人が対象なため、申し込みはできません。
法人の場合はビジネスローンというサービスを行っているところもあります。

入会金は必要ですか?

キャッシングの場合、一般的には必要がないです。
同様に、年会費も無料です。

保証人は必要ですか?

キャッシングサービスは原則的に、保証人は必要ありません。

いくらまで借りることができますか?

各社、各サービスによって基準がそれぞれで、
利用者の状況(年収、勤続年数、借入残高など)にもよるところが大きいですが、
一般的には50万円を限度としています。
しかし、会社によっては300万円までのプランを用意しているところもあります。

信用情報機関とは何ですか?

利用者の契約内容・返済状況などの情報をまとめ、
消費者金融業などからの紹介に応じて、それらの情報を提供する機関です。
銀行、信販、消費者金融の各分野で信用情報機関が設けられています。
基本的には全てのキャッシングの申し込みの際に、信用情報機関への登録の同意を求められます。

貸金業登録番号とは何ですか?

貸金業規制法第三条によって定められています。
貸金業を営業する際の登録番号です。
財務大臣、もしくは都道府県知事への登録が必要です。
3年毎に更新し登録番号の括弧内の数字は更新するごとに数字が増えていきます。






このページの一番上へ

「キャッシング・消費者金融活用術〜お勧めキャッシング一覧」のトップページへ



最終更新日: 2015年07月30日
   
| リンクについて | サイトマップ |